『お金がないから行動できない』は解決できる。でも借金があると、そうもいかない。

 

「お金がないから不安で行動できない」

 

そうやって思いとどまること、ありませんか?

僕は今まで、多々ありました。

 

それは今お金がないから、イベントを開催したいけど、赤字にならないか不安。ということもあります。

本当はいまの仕事よりもやりたいことがあるけど、安定した収入が減るから。不安ということもあります。

 

どちらにしても、『お金』がネックになって、不安で行動できないことって多いんです。

 

そんな中、『借金』という存在は非常に大きな存在です。

僕は借金ができてから、本当に行動に制限がかかってしまいました。

 

何か成し遂げたい夢や目標がある人。

現状に満足していなくて、生活を変えていきたい人。

どんな事情があっても借金はしない方がいいです!という話をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

「お金がないからできない」には解決策がある

 

「お金がないからできない」というのは、こういうことです。

 

『今現在はお金がないからできない』ということ

 

そのお金の大きさは人それぞれですが、きっと「あと少し足りない」ではないのでしょう。あっても2割くらいとか。

 

しかし、その『お金がないからできない』は解決することができます。

 

 

『今現在のお金がないからできない』の解決策

 

例えば「写真家になりたい!」とふと思ったとしましょう。

写真家になるにはカメラが必要だし、プロと名乗りたいのであれば、まずスペックの高いカメラが必要だと考えます。

 

プロ機材の相場は知りませんが、仮に10万円のカメラが必要とします。

しかし、現在貯金はゼロ。

この時どう考えますか?

 

行動できない多くの人は、「お金が貯まったら買おう」と考えてしまいます。だから動けません。

 

お金が貯まったら買うということは決して間違っていないんです。

でもこのままでは、お金が貯まる保証はありません。

 

行動できる人は、『10万円のお金を用意する方法を考える』ところから行動しているんです。

 

例えば、

毎月2万円貯金したら5ヵ月で買える

⇒ アルバイトを2日増やして1万円。他は交際費を節約したら2万円は余裕だな。

⇒土日は全部お出かけしているけど、土曜日だけにしたら2万円節約できる。

 

そしたら確実に5ヵ月で10万円が貯まって、カメラは買えるんです。

お金を貯めるという行動ができた人は、行動する流れを掴めたから、きっとそのカメラでいい写真が撮れるはずです!

 

どうでしょうか、簡単に解決できたんじゃないですか?

他にも、『借金をしてすぐ10万円を用意して、そのカメラを使って10万円を稼ごう』とか、『スマホのカメラで良い写真を撮って、スマホ写真専門のプロになろう』とか、たくさんありますよね。

方法に関しては状況やその人に応じて!ですけどね!!

 

 

借金ができると「お金が用意できない」に変わる

 

さて、ここからが本題です。

 

『借金』というものは凄いマイナスのパワーを持っています。

借金をしている意志の弱い自分は何をやってもダメだと感じてしまったり、毎月の支払いが厳しくて心に余裕が持てなかったり。

それだけでも行動するパワーをマイナスの方向に引っ張っていきます。

 

しかし、それだけではありません。

純粋にお金が用意できなくなるんです・・・。

 

 

借金が『お金がないからできない』を解決できなくする理由

 

先ほどと同じく、「写真家になりたいから10万円のカメラが欲しい!」と思ったことにしましょう。

 

純粋に考えると、じゃあ借金あったって毎月2万円を貯めて5ヵ月!と思うわけですが、借金のある人間はそうはいきません。

 

自分の例だと、借金250万円=月々の支払いは7万5000円ほどでした。

7万5000円って凄い量です。

あわせて読みたい

借金がなければ毎月できた凄い4つのこと

債務整理した後でも4万円の支払いがあります。

 

つまり、常に最低4万円の貯金をしている状況と同じなんです。

しかも借金してる人は、元から生活に余裕がないわけですから、結構生活は切り詰めた状態です。

 

また、これ以上借金を増やすと返済額も上がってしまって厳しいので、借金を増やして10万円を工面するという選択肢はなくなります。

 

でも、写真家の夢は諦められず、毎月+2万円ならやれるだろう!ということで貯金するための行動に移してみるんです。

1ヶ月、2ヶ月くらいはなんとか頑張れるんですが、そこからが問題ですね。

 

この状態からだと、何をして2万円を用意するかって考えると、

 

・フルタイムで働いているのに、さらに仕事の量を増やす

・生活費を削って、カップラーメンなどの安い食事で毎日暮らす

・プライベートの予定をほぼゼロにする

 

こんな感じなんですが、これってかなり精神的とか体力的にキツイんです!!

3ヶ月もやったらボロボロっす!!

その結果、医療費が増えて、せっかく貯金していた分を使ってしまったりとか・・・。

悪い連鎖が起こってきちゃうんですよね。

 

そんなこんなで、割と精神論や肉体派で頑張っちゃおう!というワケにもいかないんです。

一度身体を壊したりという経験をすると、じゃあ全部返済し終わる4年後からか・・・なんて行動できなくなってしまうんですよね。

 

これが、『お金が用意できなくなる』の本質です。

全員が本当に無理かと言えば、可能な本当に強い人だっているんでしょう。

でもそれって、もう普通の人より4倍くらい強い人です!!笑

 

『貯金がない』は『お金がない』とは違う

 

貯金がないことは、行動するにあたって全く問題ではない!ということです。

ゼロであることは、行動すればすぐに結果がついてくるということなんです!!

 

借金をしたことがある人の方が、反発でパワーがあるなんて言われてますが、マイナスではなくゼロの人が同じパワーを出せたらどれだけ強くてどれだけ早いことか!!

僕はとっても羨ましく思います。

 

極論ですが、「仕事を辞めたい」と思ったとして、仕事がなくて安定したお金がなくても生きていけますよね?

実家に帰るとか居候するとかしたら余裕です。

 

しかし、借金の支払いが毎月4万円あったら、お金は最低でも4万円必要です。

これって行動力を一気に下げるんです。。。

 

ですからぜひ、『貯金がない』ことを『お金がない』ことだと思わないで欲しいなって思っています。

 

スポンサーリンク

借金がない人はすぐに行動して欲しい

 

僕はまだ250万円の借金があり、完済するには4年くらいかかる見込みです。

実際に思いっきり自由に動けるようになるのは30歳くらいなのかなぁと思いながらも、きっと借金のあるまま僕は行動すると思います。

 

『貯金がない』どころか『借金がある』僕が行動に移そうとしているのです。

島への移住を考えているんです!

あわせて読みたい

島に移住したい。大自然に囲まれてイキイキと仕事がしたい。

 

『借金がない』人は、やりたいことがあったら、ぜひ行動して欲しいです!!

なんでしょう、願いというか、羨ましさからくる個人の願望でしかないのですが。。。

 

ゼロから100じゃなくても、ゼロから1でも意識して生きていきたいな。

そんな話でした。

 

クリタ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です