初心者からプロまで!自宅で歌をレコーディングするためのマイク選び!!

Youtubeやニコニコ動画で歌のカバーをしてる人がたくさんいます。

僕もそのうちの一人です。

 

Youtubeも流行ってるし、歌も歌うし、せっかくなら多くの人に聞いてもらいたい…

カバーや歌ってみたを始めてみたいけど、機材って何買ったらいいの?

「特にマイクって何買ったらいいのさ!!」って人も少なくないはず!!

 

この記事では、初心者向けからプロ向けまで、この中から選べばOK!というマイクを紹介しています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

マイクと合わせて必要な、オーディオインターフェイスの選び方はこちら

あわせて読みたい

動画サイトに歌をアップしよう!初心者向けオーディオインターフェイス3選!

 

 

スポンサーリンク

コンデンサマイクとダイナミックマイク

 

マイクには2つの種類があります!

 

コンデンサマイクとダイナミックマイクの2つです。

 

それぞれ特長を上げていきますので、まだ知らない人は読んでください!

知ってる人は飛ばしちゃってください!!

 

コンデンサマイク

レコーディングのメイキングで見かける、こういうやつです。

 

 

メリット

・細かい音まで正確に録音できる

全体的に音質が良い

 

デメリット

・細かい音まで拾うため、無音空間で録らないとノイズも多い

・湿度に弱く、壊れやすい

 

簡単にまとめると、

音質は凄くいいけど、代わりにノイズも載りやすいし壊れやすいからしっかり管理しなきゃダメだよ!ってこと。

 

といっても、音がいいことに越したことがないのは確か。

ちゃんと窓を閉めて、空調切って録ればノイズもそこまで多くないし、楽器の音と重ねたらさほど気にならないレベルです。

 

壊れやすいということは協調しましたが、これもそこまで神経質になることはないかと思います。

とっても高いマイクを購入したのであれば、ちゃんと管理しないといけませんが・・・。

 

乾燥剤と一緒にジップロックで保存するというのが家庭での管理法ですね!!

僕はずっと外に出してましたが、壊れはしませんでした!

音は悪くなっちゃったような気はしますけど!!笑

 

 

ダイナミックマイク

 

ライブなどで持って歌うタイプのマイクです。

 

メリット

壊れにくい

・ノイズが少ない

・ライブや路上でも使える

 

デメリット

・コンデンサマイクと比べて音質が悪い

 

基本的にこのマイクは手持ちで歌うことを想定して作られています。

ですので、壊れにくい!というかほとんど壊れないです!!

落としたりしても余裕で大丈夫ってレベル。

 

録音用ではないので、音質は劣ります。

しかし、家だけじゃなくライブなどでも活用しようと思えば、ダイナミックマイクの方が使い道は多いし、便利です。

 

一本持っておいて損はない!っていうのがダイナミックマイクです。

 

 

 

コンデンサマイクとダイナミックマイクの違いがわかったところで、それぞれおススメを紹介していきます!!

 

 

コンデンサマイク

 

コンデンサマイクはプロ用から初心者向けまで本当に値段の幅が広いです。

まんべんなく紹介できたらと思います。

 

Neumann U87Ai

 

ノイマンの「U87Ai」です。

 

このマイクはプロの定番中の定番です!!

「さぁ!録音を始めてみよう!!」って人でいきなりこれを買う人はほとんどいないと思いますが、大前提として覚えておいてほしいマイクです。

 

このマイクがおススメの理由

 

アーティストがCDを録音するときは、ほとんどがこのマイクで録音されています。

 

逆に言うと、あのプロの音はこのマイクでしか再現できません。

そして、ほぼ無編集でもクオリティの高い音源が確実に作れます。

 

他のマイクでも、編集でうまいことやれば近づけることはできますが、ここまでの音になることはないので、最終的には欲しくなってしまうかもしれません!!

そうなったらお金貯めて頑張って買いましょう!!笑

 

こんな人におススメ!

30万円もするので、趣味レベルではなかなか手がでないレベルかとは思います。

しかし、30万円の価値は余裕で超えているので、本気の人は選ぶ価値ありです!!

 

あとは、お金はあるからいい音で録らせてくれ!!って人。

 

 

スタジオのレコーディングブースに行くたびに憧れるマイクです!いつか自宅に欲しい!!

 

 

RODE NT1-A

 

 

 

続いて初心者向けド定番マイク!

 

RODEの「NT1-A」です。

 

 

このマイクがおススメの理由

 

このマイクは価格も2万円ほどとお安くなっております!

コンデンサマイクの中では最安の部類に入ります。

安くコンデンサマイクが欲しければこれ以外の選択肢はありません!

 

プロ用に近い一般人向けのマイクです。

初めてのコンデンサマイクにはもってこいですね!!

 

メーカーが10年保証もしてくれるので、保証書さえちゃんととっておけば、いつまでだって使えます!

10年もちゃんと品質変わらず使えるんだっていう自信の表れでもありますね。

 

こんな人におススメ!

 

コンデンサマイクの音がいいのはわかった・・・!とりあえずコンデンサマイクだな!!って人。

 

何でもいいや!って思ってる人。

とりあえずコレをポチっちゃえばいいです!すぐ買っちゃいましょう!!

 

僕も5年くらいNT1-Aを愛用しましたよ!!

 

Blue Baby Bottle

 

 

続いてちょっとこだわる人向け。

 

Blueの「Baby Bottle」です。

 

 

このマイクがおススメの理由

 

お値段は4万円ほどのこちらのマイクは、とても綺麗な温かみのある音が録れます。

 

特徴的な形で、見た目でのファンも多いのですが、音のファンももちろん多いです。

先ほどの初心者向けのNT1-Aを使った後だと、特に満足感がありました。

 

音がクリアに録れて、温かみのある音です。

どんな歌でも綺麗に録れるのですが、特にバラード系でしっかり発揮してくれるように感じました。

 

こんな人におススメ!

 

音にこだわりがある人は、1本目からこのマイクを選んでしまっていいと思います!

最初だし・・・と安いものを買っても、どのみちいいものを買ってしまうくらいなら、最初から良いものを用意しちゃいましょう!!

 

 

ダイナミックマイク

 

ダイナミックマイクは、極端に高いマイクはありません。

一番高くても10万円くらいです!!

 

SHURE SM58

 

 

超定番ダイナミックマイク!!

 

見たことありますか?

リハーサルスタジオやライブハウスなどに行ったことがある人は必ず見たことがあるだろうこのマイク!!

 

SHUREの「SM58」です。

 

このマイクがおススメの理由

 

「ゴッパー」の愛称で親しまれたこのマイクは、音楽業界の定番中の定番。

どこの店にだってある凄い奴です。

 

お値段も1万円ほどでとってもリーズナブル!!

そしてSM58の最大の特徴は、ほぼ壊れないこと!!

落としたり振り回したりしても壊れない。そんな最強のマイクです。

 

音としては可もなく不可もなく。

レコーディングに向いてるとは言えませんが、普通のクオリティのものは録れます。

 

こんな人におススメ!

 

趣味にお金をあまり割きたくない人や、

予算が1万円くらいしかない!って人はこれで!!!!

 

 

SHURE BETA58A

 

 

先ほどのSM58の上位モデル

 

SHUREの「BETA58A」です。

 

SM58の頭の部分にあるゴムが青色なのが特徴です。

「ベータ」と呼んであげてください。

 

このマイクがおススメの理由

 

先ほどのSM58はド定番で特徴はなかったのですが、BETA58Aは凄く歌いやすい!という印象です。

SM58がマイクに声をぶつけてるイメージだとしたら、マイクに歌声が吸い込まれていくイメージ。

気持ちよく音が出てくれるので、ダイナミックマイクをこれに変えてから、喉を壊すこともなくなりました。

 

お値段も1万5千円ほど。SM58に5000円足すだけで買えるので、僕はこちらの方が圧倒的におススメです。

 

僕はライブなどでは、もうこのマイクじゃないと歌えないです!!

 

こんな人におススメ!

 

ダイナミックマイクが欲しいけど、音質は捨てたくない人。

1万5千円なら安いじゃん!それでいい音が手に入るなら!!って人におすすめです。

 

 

audio-tecnica AE6100

 

続いて、見た目もカッコいいこちらのマイク。

 

audio-tecnicaの「AE6100」です。

 

このマイクがおススメの理由

 

お値段は2万円を切るくらいです。

 

使ってみた印象は、圧倒的クリア感!!という印象。

中音域~高音域が綺麗に抜けるので、ライブだけでなく録音にもかなり向いています。

 

指向性という、音が綺麗に録れる角度が凄く狭く設定してあります。

この狭い指向性のおかげで、ノイズを拾いにくくしてあるのもこのマイクの特徴です。

 

こんな人におススメ!

 

定番な音よりも、少し特徴的な音がいい人。

特に高音域を大切にしたい人におススメのマイクです。

見た目が気に入った!ってだけで選んでも、ちゃんと音質も付いてくるのでオッケーです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、いかがでしたでしょうか。

 

初めてマイクを買う人は、この中から選んでしまってオッケーです!!

 

・コンデンサマイクかダイナミックマイクか

・音質は重視したいか

・予算はいくらか

 

この観点でスパっと選んで、音楽を楽しみましょう!!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)