動画サイトに歌をアップしよう!初心者向けオーディオインターフェイス3選!

動画サイトに歌をアップするために録音をしよう!!

と思っても最初に躓くのは機材選び!!

 

マイクが必要なのはもちろんわかるけど、他に何が必要?ってわからないことも多いかと思います。

 

マイクの他に必須なのは、パソコンとオーディオインターフェイスだけ!!

それさえあれば、とりあえず録音環境は整います!!

 

この記事ではオーディオインターフェイスってなんだ!ってことから、

とりあえずコレ買っとけ!っていうオーディオインターフェースを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

オーディオインターフェースとは

 

狭い意味ではPCのような音声データを汎用的に扱えるデジタル機器へ

主にアナログの音声信号を入出力するための外部装置としての単体製品が「オーディオインターフェース」と呼ばれる。

つまり簡単に言うとですね、

PCにマイクの音を入力するための装置 と思ってください!

 

「PCにも元からマイク端子あるけど、それじゃダメなの?」と思うかもしれませんが、

PCについてるマイク端子はまず音が悪いんです!あれでは正直、人に聞かせるレベルにはならないんですな。

綺麗な音で録音するためには必須になります。

 

それと、録音の遅延を抑える効果があります。

ASIO(Audio Stream Input Output)という機能です。

というのも、普通のマイク端子だと、音が遅れて録れてしまうので、自分の手で後から調節する必要もありますし、

歌ってる最中に聴こえる声も遅れて出てくるので、自分の声をモニターしながら歌うことができません。

結果的に、遅延を抑えることは、良い歌を録るために役立つわけです!

 

つまりは必須なのでここまでは必要経費です!!

マイクとオーディオインターフェイス(とパソコン)の予算を合わせて計算しておいてくださいね!!

 

マイクの選び方はこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい

初心者からプロまで!自宅で歌をレコーディングするためのマイク選び!!

 

 

さて、前置きは短めにして、サクッとオーディオインターフェイスを選んでいきましょう!!

 

おススメのオーディオインターフェイス

 

オーディオインターフェイスのお値段に関しても、ピンからキリまであります。

今回は初心者向けとして紹介していきます。

それ以上のいい物は、好きな人やこだわる人が買うと思いますので、この記事では割愛させていただきます。

 

 UA-4FX2

ROLANDの「UA-4FX2」です。

でました大本命!!!!!!
ということでですね!以上です~~!!!
っていうくらいド定番のオーディオインターフェイスです!!

おススメな理由!

 

Youtubeやニコニコ動画に投稿する用の音源であれば、このオーディオインターフェイスさえ持っていれば一生使えます!!

これ以上にこだわる必要も正直ありません!!

 

 

価格も15000円ほどと、音楽用の機材としては安い設定になっています。

 

これの前の機種であるUA-4FXがニコニコ動画の歌ってみたで一番使われたオーディオインターフェイスです。流行りました。

しかし残念ながら生産終了となってしまい、新規参入の人におすすめするオーディオインターフェイスが難しくなったのですが・・・

凄い人気だったため、2となって復活した!そんな機種です。

 

使い方も簡単。見てそのままですね。

ツマミを回せばボリュームが調節できたりと。

 

UA-4FX2の特徴は、エフェクト機能が優秀ということです。

リバーヴエフェクト(カラオケのエコーのようなもの)がついていますので、ライブ配信(ニコ生等)をするときに、エコーかけられます!!

録音するだけなら必要ありませんが、ライブ配信をする場合にはかなり大きな差になりますので、ライブ配信を考えてる人は、特におすすめ!!

 

こんな人におすすめ!

 

・初心者だけどクオリティー重視したい人

・ライブ配信で歌おうと考えてる人

15000円が予算内な人全員

 

 

 YAMAHA AG03

 

誰もが知ってるメーカーYAMAHAの「AG03」です。

 

おススメな理由!

こちらのお値段も13000円ほどと、音楽用機材としては安い方です。

 

これはUA-4FX2と違って、一応「ミキサー」の部類に入る商品です。

複数の音(ボーカルとカラオケなど)を混ぜるために使う機材ですね。

 

しかしこれにもUSB端子がついていて、PCに接続して録音に使うことが可能です。

 

ミキサーであることのメリットは、ボリュームの調整がしやすいってことですかね。

マイクと共にスマホなどを繋げてBGMを流すこともできますし、これもライブ配信でトークをする場合には使いやすいです。

 

また、AG03を選ぶ一番のメリットは、「Cubase AI」という録音用のソフトが付いてくることです!

 

他のオーディオインターフェイスを買った場合はフリーソフトを使うか、別個にソフトを購入することになるのですが、

音楽を録音するのに使うDAWと呼ばれるソフトは作曲もできちゃうもので、非常に高価です。

5万円以上すると思ってください。

それの簡易版がついてきますので、ひとまず安心!ということは間違いなしです。

Cubaseはこの手のソフトの中ではわかりやすいので大変おススメ!!

 

こんな人におすすめ!

 

・クオリティーを重視する人

・ライブ配信で歌わない予定の人

・ソフトも使いやすい有料レベルのものを使いたい人

 

 

BEHRINGER UM2

 

最後にこちら!BEHRINGERの「UM2」です。

 

おススメな理由!

 

とにかく安い!!!!!

 

これに尽きます。

 

3000円くらいなので、予算がなければとりあえず買っちゃうでもいいと思います。

 

ただし評判は様々で、これで綺麗に録れるという人もいれば、ノイズが凄いという人もいます。

正直、上の2つと比べたらノイズも乗るし音質も劣るなぁという感想ですが、素人ならこれでもいいのかな?って気もします。

 

ノイズが不安であれば、これを避けて上の2つから選ぶことをおススメしますが、

「わかんねぇよ!多分!!」って気持ちであれば、UM2を選んでオッケーだと思います!!

 

こんな人におすすめ!

 

・とにかく予算を抑えたい人

・録音さえできればいい人

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

参考になりましたでしょうか?

 

もっといい物は、一度オーディオインターフェイスを知り、どんな性能が欲しいかを理解した後で十分です。

 

録音のスタートを切るためにはこの3つの中から選んでもらえれば間違いありません!!

 

マイクとオーディオインターフェイスを準備して、ガンガン歌おう!!!!!

 

 

あわせて読みたい

初心者からプロまで!自宅で歌をレコーディングするためのマイク選び!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)