【飼育グッズ】ジャンガリアンハムスターを飼うのに必要な物まとめ【ケージなど】

どうも!小動物が大好きで、近ごろはひたすらペットにお金をつぎ込んでいるクリタです。

 

ジャンガリアンハムスターって初期費用も安く、情報も多いので、初心者向けのペットかと思います。

大型のペットは飼えないからと、ハムスターを飼う方も少なくないのではないでしょうか。

 

とはいえ、初めてのハムスターだとわからないことはたくさんあると思います!

ペットショップに行けば教えてくれるのですが、やはり買い物はネットの方が圧倒的に安いので、ネットで済ませられたらいいですよね。

 

また、ハムスターをお迎えする前におうちの準備ができていれば、もっと安心です。

ジャンガリアンハムスターを実際に飼っているの僕が実際に使っているものや、おススメの物を紹介していきます。

この記事を参考にして、買い揃えてもらえれば嬉しいです!

 

【※注意】

ハムスターの個体差や趣味によって必要なものは違います。
水が飲めない、綿を飲み込んでしまう、エサを食べないなど、健康を保てないことがあります。
あくまで最初に買うおススメの一例として参考程度にとどめていただき、ハムスターの状況を見ながら変えていただくようお願いいたします。

スポンサーリンク

ジャンガリアンハムスターを飼うのに必要なもの

  • ケージ
  • 回し車
  • 餌皿
  • 水飲み場
  • 砂浴び場
  • 家,シェルター
  • 保温アイテム
  • 綿
  • 床材
  • かじり木

 

ケージ

ケージはジャンガリアンハムスターを飼うのには欠かせません。

これがないと始まりませんね!

 

ハムスターのサイズに合わせて大きさを選ぶのですが、ジャンガリアンハムスターは小さめな種類です。

ハムスターのケージとして売っているものなら、基本的には何でも大丈夫です。

自分の好きな色や形のものを選びましょう!!

うちではルーミィという種類のピンクを使っています。

これも滑車や水飲み器もついていて、使い勝手としては満足なのですが、ピンクは失敗したなーと思っています。

写真を撮るときがほとんど上からのアングルになってしまうので。。。

 

いま買うなら、GEXから出ているグラスハーモニーという種類がいいなと思っています!コレ、おススメ!!

綺麗な透明で写真も撮りやすく、回し車も給水器もついています。

しかも正面が観音開きなので、上から手を出すと怖がってしまうハムスターのお世話も安心です。

僕がジャンガリアンハムスターをお迎えしたときは発売前だったので羨ましいです!!

 

回し車

ジャンガリアンハムスターが運動不足になってしまうといけないので、回し車は必須です。

 

上で紹介したグラスハーモニールーミィといったケージには回し車がついていますので、それで良いと思います。

ケージ付属の回し車は、専用の差込口などがあってしっかり固定されるので、むしろその方が倒れたりすることがなく安心です。

 

ケージに付属していなかった場合は、自立する回し車を買ってあげてください。

 

また、ジャンガリアンハムスターにとって、ベストなサイズがあります。

ハムスターよりも直径が1~2cmほど大きくて、あまり背中が反らないものがいいとされています。

大きすぎると回し車から放り出されてしまって危険で、小さすぎると背骨に負担がかかるので良くありません。

小さい頃は12cm、大人になったら15cmあたりがジャンガリアンハムスターには向いてるのかなと思います。

とはいえ、それぞれ体格や運動神経にも差がありますので、様子をみて買い替えてあげてくださいね。

 

飼い主としては、静かな方がいいですよね!

ハムスターは夜行性なので、寝てる間に走り回りますから、うるさい回し車だと結構うるさいです。

 

ジャンガリアンハムスターの回し車のおススメは、SANKOのサイレントホイール15です。

 

給水器

ハムスターも水は飲まないと生きてはいけませんので、給水器は必須で用意してあげてください。

お皿でお水をあげたりすることもできるのですが、あまりよくありません。

乾燥してしまうこと、ひっくり返してしまうこと、ハムスターが濡れてしまうこと、衛生的によくないことなどが理由です。

 

給水器も、上で紹介したグラスハーモニールーミィといったケージについてくる給水器で大丈夫です。

ほとんどのケージにはついてくると思いますが・・・。

ケージではなく、安いプラケースなどで育てようと思っている人は、買ってあげてください。

 

もし買うのなら、自立するタイプがおススメです。

吸盤式だと落ちてしまったりしますので。

 

自立式で隠れ家にも使えるので、これなんかが良いと思います。

 

家・シェルター

ジャンガリアンハムスターは結構ビビりです。

隠れられて落ち着ける場所がないと、ストレスが溜まってしまいます。

家やシェルターを用意してあげましょう。

 

本当に隠れられればそれでいいので、家にあるもので代用してあげるのでも大丈夫です。

しかし、せっかくハムスターを飼うのですから、可愛いのとか、自分が好きなおうちをプレゼントしてあげましょう!

 

市販だと陶器製と木製がメインで売っていますが、どちらでもOKです。

 

陶器製のいいところは、とにかく可愛いものが多いです!

ハムちゃんの可愛いところが見たいなら、陶器製で気に入るのを探してみてください。

また、簡単に水洗いできるのも嬉しいです。

 

木製はちょっと大きいですが、暖かいです。

綿を持ち込めばもっと暖かくなるので、ハムちゃんが自分でカスタマイズできます。

また、屋上にエサ皿を置けるタイプもあるので、機能性も良いので自分はこっちの方が好きです。

 

餌皿

餌皿こそ本当に何でもいいです!

100均で売ってる小皿であげてもいいですし、小さなタッパーとかでも。

 

できれば、ある程度の重みがあってひっくり返さないものだと良くて、水洗いができるものが好ましいですね!

 

うちの隠れ家はハムちゃんの2階でごはんという屋上に餌皿が置けるタイプですので、それにピッタリ合うやつを買ってあげています。

ちょっと高いですが、デザインも可愛いので気に入ってますよ。

 

砂浴び場&トイレ

ジャンガリアンハムスターはお風呂に入りません。

水は苦手なんです。

その代わり、『砂浴び』といって砂に身体をこすりつけて身体をキレイにします。

 

そして、大体の子がちゃんとトイレを覚えたら、砂のところでおしっこもします。

 

本当は砂浴び場とトイレは別で用意してあげるのがベストなのですが・・・。

ケージの広さの関係や、なかなか使い分けられる子も少ないので、砂浴び場は1つあればいいと言われることが多いです。

 

うちの子は砂浴び場でおしっこしますが、新しい砂に交換したときは喜んで砂浴びしてます。

結果的に、「砂浴び場は1つでいいけど、砂の交換は多めにしてあげる」ということにしています。

 

砂はかなり掻き出されてしまって掃除が大変なので、できるだけ砂が出にくいものを選ぶといいです。

このあたりはあまり砂が出なくていいですよ!

 

次に中に入れる砂の選び方です。

砂浴びとトイレが兼用。または砂浴び用ならサラサラの焼き砂を使います。

 

トイレ用なら消臭の固まる砂だと掃除が楽です。

 

保温アイテム

ジャンガリアンハムスターは暑さにはあまり弱くない(直射日光はダメ)ですが、寒さには弱いです。

適温は、20~26℃です。

電気代を気にせず、冬はずっとエアコンをつけていられるのなら問題ありません。

 

家にいない時間など、エアコンをつけない時間があるのなら、保温できるアイテムを買ってあげましょう。

 

ケージの下に敷くタイプと、ケージの中に入れてもいいものがありますが、基本的にはケージの下に敷いてあげれば良いです。

隠れ家の下あたりに敷いておいてあげると安心。暑ければ自分で移動しますので大丈夫です。

 

みどり商会のピタリ適温プラスは、薄くて消費電力も少なくていい感じです!

とにかく薄いので、どんなケージの下にも敷けるのでおススメです。

 

うちのルーミィは足があって少し高くなっているので、薄型だと隙間ができてしまいました。

ということで、マルカンのほっとハム暖リバーシブルヒーターがぴったりハマったので、こっちを使っています。

 

綿

 

綿は床材にもなり、ベッドにもなり、保温器具にもなるので、できれば入れてあげましょう。

 

綿だけ入れておけば、ハムちゃんが自分で好きなレイアウトにしてくれます。

隠れ家の中に敷き詰めたり、ケージ内にかまくらのように新しい隠れ家を作ったりしました!

 

また、自分の匂いが綿につくので、ケージのお掃除をしたときに綿を少しでも残しておいてあげます。

すると『自分の家』だと認識できて、ストレスも溜まりにくいので綿があるとかなり違ってきますよ。

 

注意※綿は飲み込んでしまうと腸閉塞になってしまうこともあるので、賛否両論あります。
糞に綿が混ざってないかなどチェックしながら使ってあげてください。

 

床材

 

床材の役目は、足の保護とおしっこの吸収です。

できるだけ柔らかくて、おしっこを吸い、交換しやすいもので、誤飲しても大丈夫なものというのが選ぶポイントになります。

 

床材もいろいろ意見が分かれますので、自分のハムちゃんの様子をみつつ、自分のスタイルを作ってもらえればと思います。

 

ペットショップで売ってるものや、自分の家で用意できるメジャーなものについて書いておきますので参考にしてください。

 

ウッドチップ:おしっこの吸収や、保温性は良い。アレルギーがある子もいるので、ペットショップで確認してください。

ペーパーチップ:おしっこの吸収が良く、白いので汚れが見えやすい。デメリットは特にない。

新聞紙:全体に敷けば交換もしやすく手入れも簡単。お金もかからない。見た目が悪いのだけが気になる。

キッチンペーパー:おしっこの吸収もよく、手入れも楽、常に家にある。足に絡まったりすることがあるので注意。

 

と、メリットやデメリットが様々で、本当に意見が割れます。

「うちではずっと問題ない」「うちではダメだった」そういった情報が多いので、やはり自分の子をしっかり見てあげてください。

僕の家では、キッチンペーパーを細かく切ったものと、綿を入れています。

 

いま比較的評判が良いのは柔ごこちという商品です。

アレルギーの少ない広葉樹で、かつ綿のようなふわふわなので、ある程度安心なのかなと思います。

ちょっとお値段は高いのだけ気になります!

 

かじり木

なくてもいいのですが、ジャンガリアンハムスターのストレス解消用にどうぞ。

 

ストレスが溜まってくると、ケージを噛んだり、飼い主の指を噛んだりします。

単に噛み癖がある子もいるので、ストレスとは限らないのですが。。。

 

ケージをかじって脱走を狙っている子もいますし、エサが欲しくてアピールしてる子もいます。

何かストレスを与えていないかは常にチェックが必要ですね。

 

しかし、ストレスが少しなら、『噛む』ことでストレス解消ができる場合もあります。

かじり木を入れておいてあげると、安全にストレス解消できますよ。

 

ちなみにうちの子は、まったくかじり木を使いません・・・笑

もしかしたら夜寝てる間にかじってるかもしれませんので、これを入れておいています。

 

エサ

 

飼育グッズとは若干違いますが、飼うにあたって必要なので書いておきます。

 

バランスの取れたミックスフードがあれば、それだけで生きていけます。

ほかはたまにキャベツをあげたり、見た目が大丈夫ならミルワームなんかをあげると喜びます。

 

ジャンガリアンハムスターは、ひまわりの種は数日に1個とかでいいので、少なめのものを選びましょう。

ペットショップのミックスフードが結構良くて、コジマのフードがおススメです。

 

食いつきが悪い場合は、ハムスターセレクションなどのペレットを混ぜてみるのも良いかと思います。

 

ハムちゃんそれぞれ好みがあるので、エサも試行錯誤してあげてください!

 

スポンサーリンク

うちのジャンガリアンハムスターに使っている飼育グッズまとめ

 

おススメはずらっと書いてみましたが、誰かの飼育環境とマネしたいということもありますよね。

その方が安心ですし、簡単ですよね。

 

ほとんどおススメと一緒ですが、我が家のジャンガリアンハムスターの飼育環境をまとめておきます。

【※注意】

我が家はこれで大丈夫ですが、ハムスターの個体差や趣味によって必要なものは違います。
水が飲めない、綿を飲み込んでしまう、エサを食べないなど、健康を保てないことがあります。
あくまで一例として参考程度にとどめていただき、ハムスターの状況を見ながら変えていただくようお願いいたします。

今回新しいジャンガリアンハムスターをお迎えするにあたって購入したものは動画でも紹介しています。

よかったら見てみてください!


では、ハムスターと一緒の楽しい生活をお送りください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)